ボロ家の春秋ボロやのしゅんじゅう
野呂旅人という名の男がいます。そいつはどこにいるか。目下僕の家に居住している。つまり僕と同居しているというわけです。しかしこんな場合、同居という呼び方が正しいかどうか、僕にはよく判らない。貴方も御存知のように、僕は世間知らずの一介の貧乏画家 …
作品に特徴的な語句
うる あが 凝塊ぎょうかい がら グラム だけ にわ なか 天晴あっぱ ごう 箪笥だんす 老酒ラオチュウ おのずか ふう 云々うんぬん 仔細しさい 何故なぜ 便箋びんせん もう 判然はっきり たた 可笑おか 吐息といき あき つぶや なご せき 喪家そうか うそ 四辺あたり ちり 外被がいひ 奄美あまみ 奥床おくゆか 宿酔ふつかよい 寄越よこ 小豆あずき 居候いそうろう ちまた 布団ふとん ひさし 彼方かなた 心算つもり 快哉かいさい 忿懣ふんまん 性根しょうね 恬淡てんたん 悄然しょうぜん みじ 惨憺さんたん たの 愕然がくぜん あわ 所謂いわゆる 手提てさげ 拇印ぼいん 拳固げんこ 捺印なついん つか 揚句あげく 撫肩なでがた うま 朝餉あさげ 枯槁ここう 枸杞くこ 椅子いす 欣然きんぜん 気魄きはく 流石さすが 海苔のり 焼酎しょうちゅう いぬ 猫撫ねこな 界隈かいわい たた いぼ あと ちか 相好そうごう 相槌あいづち 眼鏡めがね にら 石榴ざくろ 穿