とうげの茶屋とうげのちゃや
とうげの、中ほどに、一けんの茶屋がありました。町の方からきて、あちらの村へいくものや、またあちらの村から、とうげを越して、町の方へ出ていくものは、この茶屋で休んだのであります。 ここには、ただひとり、おじいさんが住んでいました。男ながら、き …
作品に特徴的な語句
かお ぽう うえ ぐら せい 心持こころも ともしび 木枯こが しん しん 戸外こがい 花生はない わか かれ なか けむり にん はは 人通ひとどお たよ あたま おと しず 年寄としよ ひだり あいだ さき 工場こうじょう じょう はい たきぎ ぽん つめ べつ のぞ 西山にしやま いえ あか 商売しょうばい した 日中にっちゅう よめ ほう あたら そと 文字もじ かた はな うば たず そら 自分じぶん こし みみ かんが 翌日よくじつ うつく 繁昌はんじょう 結婚けっこん ほそ むらさき むら ただよ 火鉢ひばち 父上ちちうえ よう 用心ようじん 用箋ようせん おとこ まち しろ ぼん まど わた 空想くうそう 空気くうき わら