雪の上の霜ゆきのうえのしも
その仕事は簡単なものであった。街道に立っていて、荷物を(重たそうに)持っている旅人が来たら、あいそよく呼びかけて、こう云うのである。 ——次の宿までその荷物を持ちましょう。つまり、馬や駕籠に乗るほどではないが、歩き草臥れて少しばかり荷物が厄 …
作品に特徴的な語句
ちゃん いぬい 両掛りょうがけ とき あい きま 宿しゅく 箕山みのやま 箪笥だんす あつ かなめ かす 饒舌じょうぜつ 不埒ふらち 中間ちゅうげん 丸鑿まるのみ いささ 些少さしょう 仔細しさい おっ せがれ かし 僭越せんえつ 切炉きりろ いたわ 千草ちぐさ ひる 午餉ひるげ かえ ども 吃驚びっくり あき つぶや うめ とが せき うな 商人あきんど すす あえ ささや ほこり 大股おおまた おど めと なま 宿端しゅくはず きっ 崖下がけした じょう 年嵩としかさ かば 建場たてば 微塵みじん おび 恢復かいふく 息杖いきづえ ゆっ 愚弄ぐろう 慇懃いんぎん たし 扶持ふち わざ えぐ かかわ くじ はさ つか そろ まだら かた 昂奮こうふん しばら けた 此処ここ ゆが こわ たた あふ みなぎ 煙管きせる 父娘おやこ 爽快そうかい 狼狽ろうばい はなは 生業なりわい かゆ しわ