つばくろ
吉良の話しがあまりに突然であり、あまりに思いがけなかったので、紀平高雄にはそれがすぐには実感としてうけとれなかった。 「話したものかどうかちょっと迷ったんだけれど、とにかくほかの事とは違うからね」 吉良節太郎はつとめて淡白な調子で云った。 …
作品に特徴的な語句
いさ はに しゃ うし うわ ささ むし うな とき いた つぶ かな むせ 扶持ぶち のん しば あき ため たく 下婢かひ おっ もう もた 刹那せつな さじ ひる かえ 参詣さんけい ども うめ とが そそ 喀血かっけつ のど あえ 嗚咽おえつ 嘔吐おうと つぐ 圧潰おしつぶ 埃立ほこりだ ちり 夕餉ゆうげ 太腿ふともも 妾腹しょうふく 嫉妬しっと なま 岳樺だけかんば かば 徒士かち 悶絶もんぜつ たし 戦慄せんりつ 手蔓てづる ほう くじ つか 提燈ちょうちん 昂奮こうふん 昏睡こんすい さく はり しい なら かし 溜息ためいき あふ おぼ せん 爪尖つまさき 甲斐かい かん しび さかずき 眸子ひとみ にら まれ みだ 縹緻きりょう まと 美味うま ふけ ひじ ひざ 良人おっと つや すすき いばら 蒼白あおじろ やぶ