おもかげ抄おもかげしょう
「おい見ろ見ろ」 「——なんだ」 「あすこへ来る浪人を知ってるか」 「うちの店へ越して来た鎌田孫次郎てえ人だろう」 「本名はそうかも知れぬがの」 魚売り金八はにやりと笑って、「あれあおめえたいした飴ん棒だぜ」 遠州浜松の城下外れ、「猪之松」 …
作品に特徴的な語句
はじら あだ なり かす 蒼白あおざ かたじけ うぬ 無之これな すさま かたち 小房こふさ さき よんどころ 此方こなた いつ あつ みつ 赫々かっかく 予々かねがね いささ 些少さしょう 代物しろもの せがれ 位牌いはい 何処どこ 何誰どなた おもかげ 俯向うつむ 其許そこもと 刹那せつな 勿論もちろん かえ 双眸そうぼう くさむら あき つぶや 呵責かしゃく のど 嗚咽おえつ うわさ ささや あか 埋木うもれぎ ちり 大股おおまた ごと 如何いか いず たちま 思召おぼしめ びっく 情誼じょうぎ 手前てめえ こしら さば そろ 斯様かよう かつ 月代さかやき 朋友ほうゆう 椙江すぎえ 横鬢よこびん 沁入しみい あふ 為人ひととなり 煙管きせる はなは よみがえ 病臥びょうが じっ にら すずり 立罩たちこ 竹刀しない 籠手こて 緒口いとぐち うらや ひざ つや ゆる 身嗜みだしな かわ すべ とて さすが あっぱ 鄭重ていちょう 鋩子ぼうし さや ふる あめ 餞別せんべつ 馴着なつ