二十七歳にじゅうしちさい
魂や情熱を嘲笑うことは非常に容易なことなので、私はこの年代に就て回想するのに幾たび迷ったか知れない。私は今も嘲笑うであろうか。私は讃美するかも知れぬ。いずれも虚偽でありながら、真実でもありうることが分るので、私はひどく馬鹿馬鹿しい。 この戦 …
作品に特徴的な語句
さま あつま めず うたぐ はずか 嘲笑ちょうしょう つい はなはだ うらやま かげ 老爺ろうや また 人好ひとよ 何喰なにく わび おれ 八分はちぶ すご すなわ いや 口説くど たた 可愛かわい いな つぶや のろ うな うそ 嘲笑あざわら ほか 太々ふてぶて 夭折ようせつ 奔騰ほんとう ごと 如何いか 妓楼ぎろう 妖精ようせい 嫉妬しっと うれ 孤愁こしゅう 宿銭やどせん 寄附きふ とら くつろ なお もっと 屡々しばしば うま 復讐ふくしゅう おそ 恥辱ちじょく 愈々いよいよ 愛慾あいよく 接吻せっぷん おお そろ 日数ひかず 旦那だんな 暗闇くらやみ 木枯こがらし おけ 椅子いす やり ほとん ごと さび 淫楽いんらく よど しか びん よし 病臥びょうが ねむ たしか 稀薄きはく 竹藪たけやぶ はず メートル 編輯へんしゅう 美貌びぼう ふけ また 良人おっと いも あお 衒気げんき すべ 見廻みまわ
題名が同じ作品
二十七歳 (新字旧仮名)坂口安吾 (著)