流行作家の死りゅうこうさっかのし
「勇、電話だよ」 と社会部長の千種十次郎が怒鳴ると、 「おッ、今行くぞ、どうせ市内通報員だろう」 「いや、そんなものじゃ無い、早坂勇さんとはっきりお名差しだ」 「月賦の洋服屋にしては少し時刻が遅いね」 無駄を言い乍ら、ストーブの側を離れた早 …
作品に特徴的な語句
しな たら テイブル 疾風つむじ つか 矢張やっぱ いで ごう もっとも 強請ねだ 接吻キッス ベル 何方どっち わき 可怪おかし 呼鈴ベル おおい 寝台ベッド うらみ 愛人アミ まく ゆす しば おぼ きま けむり おだ 瓦斯がす まとま 老嬢オールドミス 角木つのき 貴方あんた 一寸ちょっと 一瞥いちべつ なが しま 亢奮こうふん 今朝けさ おっ 何処どこ 何時いつ しか まま 先刻さっき その 其処そこ もた 判然はっきり 千種ちぐさ テーブル とら 四方あたり 四辺あたり 堪兼たまりか へや むし もっと 履物はきもの 差支さしつかえ 引繰ひっく 悄気しょげ ことごと 悪戯いたずら 情景シーン 愈々いよいよ 成程なるほど 手巾ハンケチ 手繰たぐ 抽出ひきだし 抽斗ひきだし かかわ 椅子いす 標題みだし この 沢山たくさん 波斯ペルシャ ようや 煙草たばこ