“角木”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すみぎ66.7%
つのき33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“角木”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ぬきやら角木すみぎの割合算法、墨縄すみの引きよう規尺かねの取りよう余さずらさず記せしもあり、中には我のせしならで家に秘めたる先祖の遺品かたみ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
何より彼より面倒なる真柱から内法うちのり長押なげし腰長押切目長押に半長押、椽板椽かつら亀腹柱高欄垂木ます肘木ひぢきぬきやら角木すみぎの割合算法
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
かなり広い家の中には、爺やの江藤老人夫妻と、書生の角木つのきと、女中が二人、いつも外でばかり暮らすような男ですから、これだけの奉公人は、大した仕事もなく、銘々の内職をし乍ら給料を貰って居る有様でした。
流行作家の死 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)