お姫さまと乞食の女おひめさまとこじきのおんな
お城の奥深くお姫さまは住んでいられました。そのお城はもう古い、石垣などがところどころ崩れていましたけれど、入り口には大きな厳めしい門があって、だれでも許しがなくては、入ることも、また出ることもできませんでした。 お城は、さびしいところにあり …
作品に特徴的な語句
自由じゅう 百姓しょう かお うえ 周囲しゅうい きたな ゆる 故郷こきょう じゅく 羽色はねいろ 往来おうらい 希望きぼう ひだり つづ あや わか さっ しつ おぼ むすめ はな そう かた 大河おおかわ 諸方しょほう ほう よる そと にち かる かな さか 明日あした 生活せいかつ ぐち ふく 去年きょねん もん うお 両親りょうしん なか 殿との たよ あお あたま あゆ おと からだ さき はい あいだ やわ 植物しょくぶつ わたし 波路なみじ はね うつく 緑色みどりいろ めずら およ みどり 派手はで あか 献上けんじょう こた はし なが 窮屈きゅうくつ うみ まど 空高そらたか そら あき なみだ 着物きもの 濃紫こむらさき 石垣いしがき ほり 災難さいなん ひとみ 相違そうい 物思ものおも しろ