ある女の生涯あるおんなのしょうがい
おげんはぐっすり寝て、朝の四時頃には自分の娘や小さな甥なぞの側に眼をさました。慣れない床、慣れない枕、慣れない蚊帳の内で、そんなに前後も知らずに深く眠られたというだけでも、おげんに取ってはめずらしかった。気の置けないものばかり——娘のお新に …
作品に特徴的な語句
すず 矮小ちいさ 微笑えみ ふか きちがい 悪戯いた あた 階段はしごだん いで とっ なつか 穿 むな こた がら 切地きれ つかま 畢竟つまり くう 心地こころもち 仮令たとえ 体躯からだ つら きずつ ぎわ 清々せいせい なか おさ ほと だま いと にわか にぎや 呆痴たわけ わび かな ふる なぐ かわず 甲斐がい ばば 小遣こづか 禿はげ 祖母おばあ こわ 念慮おもい 庇護かば 竹藪たけやぶ ようや くぐ 火傷やけど 火箸ひばし 炉辺ろばた 点頭うなず ほのお 無暗むやみ 煙管きせる 煙草たばこ すす 燈火あかり 牢獄ろうごく 狂人きちがい ちん ねら 狡猾こうかつ ひと 独言ひとりごと 猟虎らっこ 生憎あいにく おい 用達ようたし 田圃たんぼ 田舎いなか 癇癪かんしゃく みんな ひび 盲目めくら 相槌あいづち まゆ 真似まね 真平まっぴら 身体からだ 辿たど ほとばし