“呆痴”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こけ66.7%
たわけ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“呆痴”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
『世の中には、呆痴こけがいる。人へ音物いんもつをよこすに、餌を食わせたり、世話がやけたり、その上に、やがては死ぬときまっている厄介物を贈ってくる奴があろうか、いくら、お上の畜類保護令にびるとは申せ』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「口でいうお惚気のろけぐらいは、わっしも寛大に扱いましょうよ。が——だ、ただしだ、そんな方へ体ぐるみ、籠抜かごぬけにすっぽ抜けようなんてもくろみは、ムダですからおよしなせえ、エエ、悪いこたあ言いません。世の中に骨折損というくれえ、呆痴こけな苦労はないからなあ」
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「こんなに多勢弟がそろっていながら、姉一人を養えないとは——呆痴たわけめ」
ある女の生涯 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)