贋紙幣事件にせさつじけん
稀に田舎に来ると実に好いなあと思う。東京なんかに住まないで、こう云う田舎に住んで見たいなあと思う。空気が澄んでいるから空の色が綺麗で、林があって、野原があって、牧場があって、静かでのんびりしていて本当に好い。東京からそう遠くない所にこんな好 …
作品に特徴的な語句
がわ づち 以前まえ やわら はず はず ぶち かわ 仮令たとえ 大好だいすき 工夫こうふ こわ たま いとぐち だに おっ 鉄鎚てっつい これ 他人ひと 会釈えしゃく 余程よほど そば 先刻さっき いきおい また 只事ただごと 可愛かわい 可成かなり 吃驚びっくり あき 和尚おしょう おとり 土塀どべい 大抵たいてい いや うれ 小父おじ 尻尾しっぽ 当前あたりまえ 後戻あともど 懐中ふところ こしら はさ ひね 排斥はいせき つか しぼ 斑犬ぶちいぬ うま 智慧ちえ しばら 横柄おうへい 流石さすが 滅多めった ようや 無闇むやみ しか びん くせ 益々ますます 真蒼まっさお にら 矢張やは 知合しりあい つも 空瓶あきびん はず 紙幣さつ 綺麗きれい 背後うしろ ふく 腐蝕ふしょく 蒼黒あおぐろ 蟇口がまぐち 褒美ほうび 西瓜すいか のぞ 詰所つめしょ 読方よみかた もら にせ 起上おきあが 軽蔑けいべつ 迂散うさん 鉄床かなとこ 銀杏いちょう はさみ ふいご