“つゆ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツユ
語句割合
43.9%
梅雨40.0%
11.8%
0.9%
入梅0.9%
0.6%
〽露0.3%
梅霖0.3%
清汁0.3%
菓汁0.3%
0.3%
霖雨0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れるへて極彩色金屏風るがく、秋草模樣は、紫苑りて、とともにへり。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
梅雨降頻る頃には、打渡した水の満ちた田に、菅笠がいくつとなく並んで、せつせとを植ゑて行つてゐる百姓達の姿も見えた。
ある僧の奇蹟 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
それをよく洗って一旦美味しく下煮をしてそのへ醤油と味淋と水とを加えてお釜の底へ煮た松茸を入れて御飯をその汁で炊きます。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
... その杏のを裏漉しにしてゼラチンで寄せたのです」大原「ゼラチンとは西洋ですね、先日僕もお登和さんから聞きました」妻君
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
家へ顔を出しますのはやっぱり破風から毎年その月のその日の夜中、ちょうど入梅真中だと申します、入梅から勘定して隠居が来たあとをちょうど同一ように指を折ると
政談十二社 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ざれども其後更に二人の娘より一度の便りも無ければ案事ひ或日長庵に向ひて申樣何卒姉娘のお文にも一度して下されと頼みければ流石の長庵も當惑爲し挨拶口から出放題の事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
〽露にもぬれてしっぽりと、伏猪の床の菊がさね……
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
梅霖の雨しとどと降るに、汗流れ
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
たづぬるにしからず、宿題にした近頃神田つた或婦へた。茄子茗荷と、油揚清汁にして、薄葛ける。至極經濟惣菜ださうである。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「春時分は、が掘って見たい筍が掘って見たいと、御主人を驚かして、お惣菜にありつくのは誰さ。……ああ、おいしそうだ、頬辺から、菓汁が垂れているじゃありませんか。」
若菜のうち (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「お前の今宵の艶やかさは——その眉は、星月夜の空に飛んだ流れ星のやうな風韻を含んでゐる。その眉の下にうつとりと見開いてゐる瞳は神潭を宿して、虹の影が瞬いてゐる。」
夜の奇蹟 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
霖雨しげし大き蝙蝠傘低くさしの子なるらし坂のぼり来し
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)