本所松坂町ほんじょまつざかちょう
吉良の殿様よい殿様 赤いお馬の見廻りも 浪士にうたれてそれからは 仕様がないではないかいな、—— 巷間に流布されている俗謡は吉良郷民の心理を諷したものであろう。まったく仕様がない。メイファーズである。人間万事塞翁が馬、——何が起るか見当もつ …
作品に特徴的な語句
うつ はず 日傭ひやと もっとも だい よわい 上野こうずけ だて それがし かか 手斧ておの かげ 股立ももだ あた 宮迫みやば 茅葺かやぶ じゃ もう 赭顔しゃがん 阿呆あほ 仇敵きゅうてき 何卒なにとぞ 凜々りんりん 飯焚めした 勅使ちょくし にわ 背丈せたけ 機織はたおり いわ あわ 流布るふ きよ ふち たた ただよ 鰹節かつおぶし 鬱蒼うっそう 灌漑かんがい 火照ほて 火箸ひばし 高鼾たかいびき 炬火たいまつ 無慚むざん あお 熟柿じゅくし 高家こうけ 熱燗あつかん 駿河するが 燈籠とうろう 燈芯とうしん 燕尾えんび 駮馬まだらめ 犇々ひしひし 猶且なおか 珠数じゅず なわて うず 眉間みけん 瞭然りょうぜん ひとみ 矢作やはぎ 短檠たんけい ろく 竜虎りゅうこ 竹藪たけやぶ ささ はず たけのこ あわ くそ 義周よしちか 義央よしなか 翕然きゅうぜん 聯想れんそう かわ かみしも のぞ 詮索せんさく ふう 謁見えっけん うた 讃歎さんたん 豊饒ほうじょう 賄賂わいろ 赤穂あこう さや むく 隠遁いんとん ひらめ よろい 鍾愛しょうあい いとま 迂闊うかつ