水郷異聞すいごういぶん
山根省三は洋服を宿の浴衣に着更えて投げだすように疲れた体を横に寝かし、隻手で肱枕をしながら煙草を飲みだした。その朝東京の自宅を出てから十二時過ぎに到着してみると、講演の主催者や土地の有志が停車場に待っていてこの旅館に案内するので、ひと休みし …
作品に特徴的な語句
さき おこない かおり づれ いじく ひやや はずみ いざの かたわ とま わが とも 痴者ばかもの 何人たれ じぶん 赤酒ぶどうしゅ 前岸むこうぎし つつみ しめ 黄昏ゆうぐれ 三絃しゃみせん きい くたび 饗応ごちそう うしろ とび うき ふくら 如何いかが ごろ むすめ へり 築地つきぢ 呻吟うめき つる よい かか かわず 心得こころえ 数多たくさん たび ななめ 平生いつも 平常いつも しゃが 朋友ともだち すか はるか くち 下手しもて 鉄鎚てっつい ひら うるさ ころ におい さき ばか うるお 硝子がらす 何人だれ 着更きが さみ きつね 蒲団ふとん 葡萄ぶどう 華美はで 草履ぞうり つや びん とも そう 船縁ふなべり なお かじ 自己おのれ ぜん 白楊はこやなぎ ひざ みんな びん 細君さいくん たま つな くわ はし もつ つな まと ともづな 腹這はらば
題名が同じ作品
水郷異聞 (新字旧仮名)田中貢太郎 (著)