魚と白鳥うおとはくちょう
河の中に、魚が、冬の間じっとしていました。水が、冷たく、そして、流れが急であったからであります。水の底は、暗く、陰気でありました。 魚の子供は、長い間、こうして、じっとしていることに退屈をしてしまいました。早く、水の中を自由に泳ぎたいものだ …
作品に特徴的な語句
どお うえ こお あぶ たく なさ ゆる めん なか からだ つめ 去年きょねん そと よる まな 希望きぼう かれ きゅう ほう にち あか はは とも はら かた あいだ あたま うお ひと 一人ひとり 世界せかい 人間にんげん 今夜こんや 今年ことし 今度こんど おれ ぼく 元気げんき ひかり まる ふゆ ちから たす 勇気ゆうき とも さけ いのち よろこ かた なつ おお 大好だいす 太陽たいよう 子供こども さむ ちい いわ きし かえ 平和へいわ ひろ そこ かげ 後悔こうかい おそ おも 感心かんしん した 我慢がまん 敏捷びんしょう おし はや はる 昼間ひるま あたた