世の中のためによのなかのために
毎日雨が降りつづくと、いつになったら、晴れるだろうと、もどかしく思うことがあります。そして、もうけっして、この雨はやまずに、いつまでもいつまでも降るにちがいないと、一人できめて、曇った空を見ながら、腹立たしく感じ、あの空へ向かって、大砲でも …
作品に特徴的な語句
しょう うえ 最初さいしょ たたか すく 祖父そふ あじ らく ただ 正面しょうめん うしな ばっ 勢力せいりょく 高度こうど 書物しょもつ 殿との あか 生活せいかつ 恐怖きょうふ きゅう 発見はっけん 幾人いくにん 左右さゆう 将来しょうらい いえ 大切たいせつ おお 同類どうるい わか くる 反対はんたい 去年きょねん あたま はな なか 主張しゅちょう にん 金色きんいろ つく 今日きょう 以上いじょう 適当てきとう 横暴おうぼう かお うた あお 正直しょうじき 正義せいぎ 露骨ろこつ ある 毎日まいにち 永久えいきゅう 注意ちゅうい くも ふか 無理むり 無視むし うし もの 犠牲ぎせい あめ はたけ 重大じゅうだい 病気びょうき 病菌びょうきん 発熱はつねつ 発生はっせい 趣味しゅみ かえ なら かんが むね 腹立はらだ 自分じぶん 自由じゆう 試験しけん 解放かいほう 見当けんとう 花造はなづく 調子ちょうし