雪の日ゆきのひ
○ 曇って風もないのに、寒さは富士おろしの烈しく吹きあれる日よりもなお更身にしみ、火燵にあたっていながらも、下腹がしくしく痛むというような日が、一日も二日もつづくと、きまってその日の夕方近くから、待設けていた小雪が、目にもつかず音もせずに降 …
作品に特徴的な語句
くら なつか あかる あが ほとんど こまか 垢抜あかぬけ かん 巴里パリー めぐ たちまち うれ おそ 此方こなた あかり 黄昏たそが 下座げざ 下腹したはら 下駄げた うち 仇吉あだきち 他処よそ 低唱ていしょう にわか 倫敦ロンドン なら 初午はつうま 前座ぜんざ 反古ほご 取席とりせき 吹雪ふぶき かな 噺家はなしか 土間どま 壜詰びんづめ 夕靄ゆうもや 外輪そとわ 太皷たいこ 姉様あねさま よい 寄席よせ 小唄こうた 左袒さたん ちまた 帳場ちょうば 床几しょうぎ 彼方かなた たちま 手袋てぶくろ 手酌てじゃく たす 持席もちせき あやつ かた 本所ほんじょ 柄元えもと 横面よこつら 歌麿うたまろ 此処ここ 汁粉しるこ 浦安うらやす みなと 火燵こたつ 燗酒かんざけ 猜疑さいぎ 番町ばんちょう あと 直様すぐさま 短夜みじかよ 竹馬ちくば よそお 纏綿てんめん 羨怨せんえん 羽織はおり そう たもと すそ 襟巻えりまき 見咎みとが 言合いいあわ 言問こととい 足袋たび 足駄あしだ 軒下のきした 途法とほう さえぎ 銚子ちょうし あられ 音色ねいろ 高座こうざ びん
題名が同じ作品
雪の日 (新字新仮名)岡本かの子 (著)
雪の日 (新字新仮名)近松秋江 (著)
雪の日 (新字新仮名)岡本かの子 (著)
雪の日 (新字旧仮名)樋口一葉 (著)
雪の日 (新字旧仮名)永井荷風 (著)