“浦安”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うらやす100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“浦安”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > プロヴァンス文学50.0%
文学 > 英米文学 > 詩14.3%
文学 > ドイツ文学 > 詩7.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一日いちじつ深川の高橋から行徳ぎょうとくへ通う小さな汚い乗合のりあいのモーター船に乗って、浦安うらやすの海村に遊んだことがある。
放水路 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
よそおいは違つた、が、幻の目にも、面影おもかげは、浦安うらやすみや、石の手水鉢ちょうずばち稚児ちごに、寸分のかはりはない。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)