“仇吉”の読み方と例文
読み方割合
あだきち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたくしはまた更に為永春水の小説『辰巳園』に、丹次郎が久しく別れていたその情婦仇吉を深川のかくれにたずね、旧歓をかたり合う中、日はくれて雪がふり出し
雪の日 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「そいつも、一つ、タカノコモコ、と願いたいよ。……何しろ、米八仇吉の声じゃないな。彼女等には梅柳というのがだ。夏やせをするだから、今頃は出あるかねえ。」
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
仇吉だったか、八だったか、女が、小梅の茶屋で、情人の丹次郎を待ちあわせている。……逢いの待つが長く、じれぎみになっているうちに、男の影が、小梅田ン圃の彼方に見えてくる。
梅ちらほら (新字新仮名) / 吉川英治(著)