火の唇ひのくちびる
いぶきが彼のなかを突抜けて行った。一つの物語は終ろうとしていた。世界は彼にとってまだ終ろうとしていなかった。すべてが終るところからすべては新しく始る、すべてが終るところからすべては新しく……と繰返しながら彼はいつもの時刻にいつもの路を歩いて …
作品に特徴的な語句
とら つか すみ はず ひろ きわ くすぶ 人懐ひとなつこ とま かたわら きずつ じっ かたま 夜更よふけ 嬰児えいじ すがた くら 知遇しりあ れん うなず おび わか たず ひも 上衣うわぎ 乞食こじき わた 交際つきあ 仄明ほのあか ほか 何故なぜ 何時いつ わび ところ 出喰でく わか いた 刺戟しげき 口惜くや ほっ つぶや くちびる うな わめ うしな うそぶ ささや 四肢しし 塵堆じんたい こわ 変貌へんぼう 奇蹟きせき ごと めと あによめ くず 巨濤きょとう ちまた 広漠こうばく かば 廃墟はいきょ いたず かす とお たちま こわ 恰度ちょうど よろこ もだ おこ おのの 戦慄せんりつ 截切たちき 挙句あげく はかど てのひら なぐ さら ささ 新妻にいづま おい たか かさ おぼろ 橋梁きょうりょう
題名が同じ作品
火の唇 (新字旧仮名)原民喜 (著)