“ほのほ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
48.2%
28.1%
火焔8.8%
6.1%
火炎4.4%
0.9%
火燄0.9%
炎焔0.9%
0.9%
白焔0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なんでも、その大女は、あたりまへの人間のせいの三倍も高くて、その髪はふといのやうによれて目からはき出してゐる。
虹猫の大女退治 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
かなり疲れて、ゆき子は、幾度も砂地に立ちどまつて溜息をついた。息苦しく、全身がかつかつとを噴いてゐるやうだつた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
灰のやうに白く乾き切つたそこらの土からいきれが火焔のやうに立ちのぼるのが、ちかちか痛いほど目に沁みて来る。
独楽園 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
がしたは、自然變色してくなつてゐた。二人生活斯樣にしてんでゐた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
固より壊空の理をして意欲の火炎を胸に揚げらるゝこともなく、涅槃の真をして執着の彩色に心を染まさるゝことも無ければ、堂塔を興し伽藍を立てんと望まれしにもあらざれど
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
来りて身にり、苦痛むれども、心にへず、でんことを求むる無し
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
私邸に起臥しては朝暮衣食の獄に繋がれ、禁庭に出入しては年月名利のに墜ち、小川の水の流るゝ如くに妄想の漣波絶ゆるなく、枯野の萱の燃ゆらむやうに煩悩の火燄時あつて閃めき
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
われ等は歸途にきたり。此時身邊なる熔岩の流に、爆然聲ありて、陷穽を生じ炎焔を吐くを見き。されどわれはふことなかりき。
各自直上中心點にしていた輪郭外にそれからえる黄褐色かれたやうである。卯平自分小屋めた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
秋の鶏馳ければへらへらと白焔
天の狼 (新字旧仮名) / 富沢赤黄男(著)