“白焔”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はくえん50.0%
ほのほ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“白焔”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史40.0%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかし仄暗ほのぐらい金堂のうちに佇立して、白焔はくえんの燃え立ったまま結晶したようなあの時の面影おもかげはみられない。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
仄暗い御堂の中に、白焔はくえんがゆらめき立ち昇って、それがそのまま永遠に凝結したような姿に接するとき、我々は沈黙する以外にないのだ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
秋の鶏馳ければへらへらと白焔ほのほ
天の狼 (新字旧仮名) / 富沢赤黄男(著)