“たいじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
対峙55.9%
退治33.6%
胎児4.2%
胎兒2.1%
大切0.7%
大寺0.7%
大慈0.7%
太地0.7%
対侍0.7%
對峙0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし何か優越感に似たものをもって彼と対峙していたのであったが、しばらくすると秋本は葉子にそこまで送られて帰って行った。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
山伏姿にやつしてはおいでになりますが、あなたはきっと酒呑童子退治するために、京都からおりになった方々でしょう。
大江山 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
揚句に彼と夫人との間にできた胎児が、ポロッと子宮壁かられおちて外部へ流れ出し、完全に堕胎の目的を達しようというのだった。
振動魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それと安住場所うた胎兒自然母體れてねばならなかつた。胎兒勿論んでさうしてした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「おやッ。野郎め、あんなに自慢していやがったのに、よっぽど慌てやがったとみえて、大切な品を忘れて行きやがったね。古高様の中間の六松めが、さっき見せびらかしていた品でごぜえますよ」
本願寺も在所の者の望みに承諾した。で代々清僧が住職に成つて、丁度禅寺かの瀟洒した大寺で、加之に檀家の無いのが諷経や葬式のひが無くて気であつた。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
風体によりて夫々の身の上を推測るに、るがくなればはしけれど南無大慈大悲のこれなる消遣のありとはえず無縁有縁の物語を作りにほゝゑまれたる事に
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
紀州の熊野の太地辺でも、旧十月十五日のこの神祭の供物には、この割菜との皮とを入れた味噌汁を、今でも必ず供えることにしている。
食料名彙 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
学者は日常他人に教示するをもってす。その気持ちのリズムにうて、暮さなければ夫の心情を荒らす。妻も大方のことは生徒になりたる態度をもって、夫に対侍すべし。
良人教育十四種 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
その背後に利害と利害が睨みあい、權力と權力とが對峙している。だからその運動は觀念の一起一伏でけりがつくものではない。
文芸運動と労働運動 (旧字旧仮名) / 平林初之輔(著)