怪夢かいむ
厳かに明るくなって行く鉄工場の霜朝である。 二三日前からコークスを焚き続けた大坩堝が、鋳物工場の薄暗がりの中で、夕日のように熟し切っている時刻である。 黄色い電燈の下で、汽鑵の圧力計指針が、二百封度を突破すべく、無言の戦慄を続けている数分間 …
作品に特徴的な語句
じょう なり とど 冥府あのよ 汽鑵ボイラー 前額ぜんがく おごそ かつ わたし かすか おこ 拇指ぼし あが ななめ 梁木はりき くら おのずか つら 一下いっか 一群ひとむれ たけ 上瞼うわまぶた うち ぬし 何故なぜ かぶと かぶ 冷汗ひやあせ 冷罵れいば 刹那せつな 匆々そうそう 千切ちぎ りん いや 口惜くや 叫喚きょうかん 可笑おか いな 呻吟しんぎん むせ 咽喉のど 唖然あぜん うな すす うそぶ あざけ 嘲弄ちょうろう 固唾かたず 基督キリスト おびただ 如何いか うち 対機むこう 封度ポンド しゃく 左様さよう 巨大おおき つる 彼方かなた あと 後生ごしょう 微笑ほほえ 恰好かっこう 愚弄ぐろう 戦慄せんりつ ドア つま 新米しんまい あさひ くら いわ 束髪そくはつ 森閑しんかん 横啣よこぐわ おり 歩度ほど 歯噛はが ごと 汚染しみ 流石さすが はて 澄明ちょうめい 火傷やけど