オモチャ箱オモチャばこ
およそ芸ごとには、その芸に生きる以外に手のない人間というものがあるものだ。碁将棋などは十四、五で初段になる、特別天分を要するものだから、その道では天来の才能に恵まれているが、外のことをやらせると国民学校の子供よりも役に立たない、まるで白痴の …
作品に特徴的な語句
おろ おそろ あつま はず うたぐ 白痴はくち しょう くだ 半纏ばんてん 嘲笑ちょうしょう 如何いかん たび おおむ あび はなはだ めし 見逃みの がね 間近まぢ 一文いちもん 一途いちず 三昧ざんまい 三月みつき 世帯しょたい 交驩こうかん また 人気ひとけ 何人なんぴと 何処どこ 侮蔑ぶべつ 侮辱ぶじょく おれ せがれ 偽瞞ぎまん 冷酷れいこく すご 力行りっこう 危殆きたい すなわ かえ 口惜くや 口説くど たた 吝嗇りんしょく 呆気あっけ のろ 唐紙からかみ わめ 喧噪けんそう うそ うわさ らち ほか 多淫たいん 夜鷹よたか 失踪しっそう 女人にょにん ごと 如何いか あや 妖術ようじゅつ ばあ うれ 嬉々きき 宿六やどろく 宿酔ふつかよい 将棋しょうぎ しり 年端としは まわ もてあそ あて いたず 微塵みじん たちま 忿怒ふんぬ うら 恰好かっこう 悄然しょうぜん 懊悩おうのう はら こぶし 挨拶あいさつ つか にぎ あえ おい 旋回せんかい 旦那だんな
題名が同じ作品
オモチャ箱 (新字旧仮名)坂口安吾 (著)