呪の金剛石のろいのダイヤモンド
「世の中のあらゆる出来事が、みんな新聞記事になって、そのまま読者に報道されるものと思うのは大間違いです。事件の中には、あまりにそれが重大で、影響するところが大き過ぎる為に、又は、あまりにそれが幻怪不可思議で、そのままでは、とても信じられない …
作品に特徴的な語句
ブリュー 一顆ひとつぶ 背負しょい くだ ちご 悲劇カタストローフ かえ おやじ 乗合バス 何方どっち もと 執拗しつこ けつ にく しば こん きま 稀代きだい から そばだ 袈裟げさ 一方ひとかた 丁度ちょうど 世帯しょたい なが しま わた 今朝けさ おっ くだん 何処どこ 何方どちら しか 先刻さっき 到頭とうとう さじ 千種ちぐさ テーブル 南京ナンキン 印度インド 呑気のんき とら 四方あたり 固唾かたず 埃及エジプト まみ 夜半よなか 天降あまくだ うち よろ へや 室代へやだい 小児こども 差支さしつかえ 平常ふだん 御名みな せわ 手繰たぐ 打見うちみ ほう 折柄おりから 摺切すりき 日向ひなた 昏々こんこん 最早もはや 椅子いす 業平なりひら よこた 欠頁けつページ 此処ここ 永劫えいごう 沢山たくさん 洒落しゃれ 浦塩ウラジオ ふち ようや わずら 猶太ユダヤ きず あお かみ わたし 稀世きせい 絨毯じゅうたん 編輯へんしゅう 繃帯ほうたい あく