“摺切”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すりき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「本社も悪い男を社会部次長にしたものさ、おれの足の摺切すりきれる事なんか、何んとも思っちゃ居ない」
呪の金剛石 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
じと/\したくび玉突たまつき給仕きふじのネクタイとふうに、ぶらりとむすんで、おもて摺切すりきれた嵩高かさだか下駄げた
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)