窓の下を通った男まどのしたをとおったおとこ
毎日のように、村の方から、町へ出ていく乞食がありました。女房もなければ、また子供もない、まったくひとりぽっちの、人間のように思われたのであります。 その男は、もういいかげんに年をとっていましたから、働こうとしても働けず、どうにもすることがで …
作品に特徴的な語句
しょう なお かかり うえ あじ 周囲しゅうい みと ちち らく 服装ふくそう かか 中風ちゅうふう しず あた なか あか にち ほう えが 往来おうらい かれ 竹馬たけうま わか たよ いえ そと けん あたま 道理どうり おと かさ あお あいだ 他人たにん 紳士しんし 決心けっしん 汽笛きてき 汽車きしゃ なみだ ふか わた 一人ひとり 魔法まほう ゆき かみ 父親ちちおや おとこ まち 番人ばんにん つか 病気びょうき 雨戸あまど しろ あめ はな やと 相手あいて 眼鏡めがね 障子しょうじ かぜ れい いの わたし ねが そら 空想くうそう 空腹くうふく まど かお ふえ 迷信めいしん 返答へんとう 近所きんじょ ちか 金縁きんぶち あし 車掌しゃしょう かね