香爐を盗むこうろをぬすむ
男が出かけようとすると、何時の間にか女が音もなく玄関に立っていて、茶色の帽子をさし出した。男はそれを手にとると格子をあけて出て行った。女はしばらくぼんやり立っていたが、間もなく長火鉢のところにぐったりと坐って、いつまでも動かないでいた。それ …
作品に特徴的な語句
せばま さっき つぶ いっ いすか 微笑わら ほっ まさ とっ 興味おもしろ 仕損しそこ 再度にど 変化かわ もれ こま 若干いくら はし 一心いっしん くだ まる 判明はっきり 執拗しつこ 夜更よふけ 布片ぬのきれ 彷徨ほうこう こわ さぐ まく 斑点しみ おそ やみ しば しん 毎時いつも あたた とも はなはだ あざ はや くら よい 香爐こうろ 一向いっこう 一層いっそう 一歩ひとあし 三歩みあし 上目うわめ 不良わる 不貞ふて 之等これら しま 二歩ふたあし たたず 何処どこ 何時いつ しか 其処そこ まる 凝視みつ 判然はっきり 刷毛はけ はげ 可笑おか ども 吃驚びっくり あお 喉鳴のどな あえ 嗜眠しみん つぐ ささや 囈言うわごと 四辺あたり 塩梅あんばい ほか 威嚇いかく 嫌厭けんえん へや 廓大かくだい 彼女あれ