星の子ほしのこ
あるところに、子供をかわいがっている夫婦がありました。その人たちの暮らしは、なにひとつとして不足を感ずるものはなかったのでありましたから、夫婦は、朝から晩まで、子供を抱いてはかわいがっていることができました。 子供は、やっと二つになったばか …
作品に特徴的な語句
うえ ねつ がん ことわ めん おだ むな こお しゃ 平常へいぜい たい おっと つう 工場こうじょう よご 毒々どくどく けむり やわ 現在げんざい こと さか あか ほう ちぢ のち 彼女かのじょ わか くる たい いえ かた よる おお そと あいだ つめ 過去かこ はい こご ひか おと ひび うらな なか 目覚めざ くろ ほそ こた ふか きよ はし わた あお かみ まど 青白あおじろ そら おもて わたし かみ いの みじか にご 音色ねいろ 真心まごころ おとこ 煙突えんとつ やしな たか ひと けむ かぜ めずら ねが かお 生涯しょうがい いた いただき しろ のぼ つみ 灰色はいいろ