宝石商ほうせきしょう
昔、北の寒い国に、珍しい宝石が、海からも、また山からもいろいろたくさんに取れました。 それは、北の国にばかりあって、南の方の国にはなかったのであります。南の方の暖かな国は富んでいましたから、この珍しい宝石を持って売りにゆけば、たいそう金がも …
作品に特徴的な語句
うえ 商人しょうにん こお ぶん あらわ うしな いそ がた そん あざ 高価こうか あた ねん りょう なか 顔色かおいろ かれ たよ 今日きょう あたま あお おと しず からだ はい こご ひら 前方ぜんぽう 容易ようい かさ はら 道中どうちゅう むすめ 町々まちまち 荒野あらの 発見はっけん ほう 夕暮ゆうぐ そと よる まち 紫色むらさきいろ むらさき いと こた 空想くうそう そら うつ あき わたし かみ れい やぶ いし 火影ほかげ くら 気持きも 永久えいきゅう 決心けっしん しず かわ なみ はま うみ 海岸かいがん わた みなと 真紅まっか 真心まごころ しろ つか はたけ 燈火ともしび くる