竈の中の顔かまどのなかのかお
「今日も負かしてやろうか」 相場三左衛門はそう云ってから、碁盤を中にして己と向いあっている温泉宿の主翁の顔を見て笑った。 「昨日は、あまり口惜しゅうございましたから、睡らず工夫しました、今日はそう負けはいたしません」 主翁は淋しそうに笑って …
作品に特徴的な語句
いかつ 退すさ うっ 何人たれ 坊様ぼうさん じぶん あん せん 前岸むこう うしろ 所謂いわゆ 昨日さくじつ もく 知己しりあい いわい わし 雲霧くもぎり 一打ひとう 何人だれ わし さき 先手せんて くる 坂上さかうえ 女蘿さるおがせ 宿しゅく 山中さんちゅう だけ 引込ひきこ こみち 後手ごて 懐中かいちゅう ななめ ひま 本道ほんどう 温泉 はなはだ むす 耳際みみぎわ かずら 貴殿あなた 隙潰ひまつぶし 黒白こくびゃく ひと 丁丁ちょうちょう 下手へた うち 主翁ていしゅ 互角ごかく まじ 仏間ぶつま 会釈えしゃく うかが 何時いつ とも あなど うなが かぶ 剛胆ごうたん 勤行ごんぎょう いや 口惜くや 吟味ぎんみ 呼吸いき 四辺あたり ふさ 夕陽ゆうひ 嫩葉わかば よろ うち 対手あいて 小敵しょうてき 小腋こわき 山路やまみち 工夫くふう 布施ふせ 往来ゆきき あと 心待こころまち うやうや 懸隔けんかく 戸外そと 折角せっかく こぶし 指端ゆびさき 揉手もみで 敷居しきい