光は影をひかりはかげを
長い戦争をはさんで、まる七年目に、京野等志は、変りはてた祖国の土を踏み、漠然と父母兄弟がそのまゝ以前のところに住んでいるなら、という期待だけで、自然に東京へ向つて二昼夜の汽車の旅をつづけて来たのである。彼は途中、ふらふらと大阪で降りた。同行 …
作品に特徴的な語句
じよ そら 同胞きようだい かた はに にじ づら 大形おおぎよう おも しずく 大仰おおぎよう もと 業病ごうびよう がら あらた ことわ てき かわ はず 蓮葉はすつぱ もう もく 悪戯いたづら 平生ふだん はず こう あらかじ かわ かたく ひま かかわ ひら 鍍金めつき ごう あやま 退 玩具おもちや なま ふる しやべ かど おぼ 由々ゆゝ ふさが しら すが じつ 真平まつぴら もつと 居所ゐどころ 島々しまじま ゆか つい から かた つや 深志ふかし 渾名あだな たき あさ くぐ わずら 片言かたこと 牧田まきた 生命いのち 生身なまみ 甲高かんだか 百瀬ももせ 皆目かいもく 真喜まき まぶ 睫毛まつげ 矢表やおもて 矢面やおもて こわ かく 長閑のどか 言伝ことづて もと 許婚いいなずけ したた 谷中やなか 跫音あしおと 身丈みたけ 辿たど 金盥かなだらい めし あら くび 階下した 鷲尾わしお