“百瀬”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ももせ75.0%
もゝせ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“百瀬”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション1.5%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.2%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
されどこれは大町の百瀬ももせ君が大正二年に鹿島槍惻から此方面を探検されて、通行の可能なることをたしかめられた。
八ヶ峰の断裂 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
話は前に戻るが、問題の娘は、百瀬ももせしのぶ、二十歳、もちろん実家は百姓、没落組の地主だが、父親は身勝手な自由主義者の一人、小生の血を分けた兄で、同時に、不倶戴天の政敵だ。お含みを願う。
光は影を (新字新仮名) / 岸田国士(著)
葉絵 御存じなかつたんですか。百瀬もゝせさんの喋舌おしやべりは中途半端なんですのね。
犬は鎖に繋ぐべからず (新字旧仮名) / 岸田国士(著)