三甚内さんじんない
「御用!御用!神妙にしろ!」 捕り方衆の叫び声があっちからもこっちからも聞こえて来る。 森然と更けた霊岸島の万崎河岸の向こう側で提灯の火が飛び乱れる。 「抜いたぞ!抜いたぞ!用心しろ」 口々に呼び合う殺気立った声。ひとしきり提灯が集まって前 …
作品に特徴的な語句
微笑ほおえみ しょぴ くさり あやし くたば いら あで しる 黄金かね 家内なか 寂然しん おく さま いえ 燈火 おとな 以前まえ 勿体もってえ 吹殻ほこ なの 帰路かえりみち つもり 止宿とま 若干いくら さと きっさき たばか 鮮明はっき 人家いえ あんま わたし つか 散々ちりぢり 明瞭はっきり おそ ろう 此方こなた 流行はやり 独言ひとりご 疲労つか もや ほぞ きざ わだか いざな 躊躇ためら まろ ほとば 金額たか 頬冠ほおかぶ 不味まず 不愍ふびん 他人ひと 作者わたし 係合かかりあ 勾坂こうさか 勾当こうとう 勿怪もっけ 匕口あいくち 匕首あいくち 卒爾そつじ 博奕ばくち 周章あわ 呼吸いき 咽喉のど 商人あきんど 商売あきない わめ 四辺あたり うち 対島つしま 寿ことぶき 山砦さんさい 布告ふれ 師走しわす 常時いつも 幾個いくつ 幾片いくひら すた 彼方かなた 御手みて 怨恋うらみこい ことごと 懐中ふところ おのの 戸外そと すく 故意わざ かたき たお 斟酌しんしゃく 新玉あらたま