“吹殻”のいろいろな読み方と例文
旧字:吹殼
読み方割合
すいがら33.3%
ふきがら33.3%
ほこ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それがだんだん近づいて来て、其処に落してやつた煙草の吹殻を食ふてまたあちらの躑躅の後ろの方へ隠れてしまふ。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
そのうすくらい仕事場を、オツベルは、大きな琥珀のパイプをくわえ、吹殻を藁に落さないよう、を細くして気をつけながら、両手を背中に組みあわせて、ぶらぶらったり来たりする。
オツベルと象 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
その時であったが水の上から欠伸する声が聞こえて来た。続いて吹殻を払う煙管の音。驚いた武士が首を延ばして河の中を見下ろすと、苫船が一隻っている。
三甚内 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)