“しょうぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
床几59.3%
将棋13.4%
娼妓10.9%
牀几4.9%
将棊4.0%
象棋2.1%
牀机1.2%
象戯0.9%
床机0.6%
0.6%
将几0.3%
将碁0.3%
小技0.3%
床木0.3%
彰義0.3%
昭義0.3%
牀床0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二軒茶屋の床几へ茶代を置いて、こういいながら、あわてて、後を追ってきた手代ふうの男と、そして、三十がらみの商家の御寮人
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ああそうか。あすこはしいからな。将棋をさしたり、ひるねをしたりするのにはいいだろう。」と、おさんはわらわれました。
おさらい帳 (新字新仮名) / 小川未明(著)
身は一独立のごとくして、心は娼妓よりもなお独立なく他人に依頼し、しかも他人の愛憎によりその日を送れるものが多々ありはせぬか。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
家康は牀几に倚って諸大名の祝儀を受けていたが、忠直卿が着到すると、わざわざ牀几を離れ、手を取って引き寄せながら
忠直卿行状記 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
服装は、将棊を大形に散らしたる紺縮みの浴衣に、唐繻子繻珍の昼夜帯をばゆるく引っ掛けに結びて、空色縮緬蹴出しを微露し、素足に吾妻下駄
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
或る時象棋をさしていて、ふと曲淵正左衛門の事を言いだしたが、この人は二百年前にいた人であった。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
るに近年稲扱きを製す。形は狭き牀机の如く、竹の大釘数十を植ゑ、少しくマングハ(馬歯把)に似たり。穂を引掛けて引くに、其力は扱竹に十倍す。故に孀婆業を失ふ。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
猴の黠智驚くべし、ある説に猟人を備うるに猴その人の真似して黐を身に塗り履を穿きて捕わると、ムキアヌスは猴よく蝋製のを識別し習うて象戯をさすといった。
刑場は竹矢来を結廻らし、その中に五十本の磔柱を立て並べ、柱の前三尺余り隔てて、を山の如く積み、見張の役人それぞれ床机によって時刻を待ちます。
十字架観音 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
そして、間もなく足の短いをもって来て下に置き、山をそれに坐らしたが、また入っていって一つの足の短いを持って来た。それはいかにも急がしそうにいったりきたりするのであった。
阿繊 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
そこで小山はほどよき位置を取って、将几を置き自分には頓着なく、熱心に描き始めた。
小春 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
『なるほど、将几ができたね。』
小春 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
将碁倒しになって気絶していた一行の中で、最先に桂田博士が正気に返ってムクムクと起き上った。半ば身を立てて四辺を見ると実に何ともいわれない悲惨な有様だ。
月世界跋渉記 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
人もどれほど「王佐棟梁」の才であっても、これを利用もせず懶惰に日を送れば、小技小能なるいわゆる「斗筲」で正直にめる者に比して、一人前と称しがたく
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
三人いっしょに、床木をけって立ちあがりました。
幻術天魔太郎 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
勘次郎は老いたる母と若い妻と幼い娘とを知己のかたにあずけて、自分は上野の彰義隊にせ加わった。
(新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
昭義の地方に旅寝して、ある夜ある駅に泊まって、まさに足をすすごうとしているところへ、淄青という役人が数十人の供を連れて、おなじ旅舎へ乗り込んで来た。
小伝馬町の、現今電車の交叉点になっている四辻に、夕方になると桜湯の店が赤い毛布をかけた牀床をだした。麦湯、甘酒、香煎、なんでもある。