“うちあ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
打明43.6%
打開38.2%
打上3.6%
打揚3.6%
自白3.6%
打合3.6%
告白1.8%
撃合1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
如何なるか、内證打明けて饒舌つて、紅筆戀歌移香とする、懷紙しくげて人々思入十分せびらかした。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「一向拙者には思案も御座らぬが——打開けて申すと、寝ては夢、さめてはと申しいが、あの方を夢にさえ見られぬ苦しさを、唯悶々として過して居る有様で御座るよ」
と、いだを、ぶる/\へるのやうなに、だかだか、二人ばかり打上げられたで、つて突伏した真中に、手酌でチビリ/\つて亭主が、むつくりげて
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「と……まあ見えるでございます、亡骸が岩に打揚げられてござったので、怪我か、それとも覚悟の上か、そこはず、お聞取りの上の御推察でありますが、私は申す通り、この歌のためじゃようにな、」
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
モン長 それが首尾よう自白けさせるてばよいが。……、さ、らう。
伏目がふつくりとする……して、緋無地背負上げをして、めりんすの打合はせのに、これはよそゆきな、紫鹽瀬紙入から、つて、して、へた。
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
忘れずに居る程のなさけがあらば、せめて社会罪人と思へ、う言つて、お志保の前に手を突いて、男らしく素性を告白けて行つたことを話した。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
祖師を捨てた仏弟子は、堕落と言はれて済む。親を捨てた穢多の子は、堕落でなくて、零落である。『決してそれとは告白けるな』とは堅く父も言ひ聞かせた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
撃剣の竹刀撃合うような音と、威勢のいい掛声とが入り交って、如何にも爽やかな感じである。