いずこへ
私はそのころ耳を澄ますようにして生きていた。もっともそれは注意を集中しているという意味ではないので、あべこべに、考える気力というものがなくなったので、耳を澄ましていたのであった。 私は工場街のアパートに一人で住んでおり、そして、常に一人であ …
作品に特徴的な語句
さが はず さん うたぐ はずか きずつ 夜更よふけ 如何いかん つい 徳利とっくり うれ おおむ ため 甲斐がい 疾風しっぷう たず へだた ほとば 三文さんもん 亢奮こうふん 仔細しさい 代物しろもの 侮辱ぶじょく おれ 傲然ごうぜん およ 刺戟しげき 勿論もちろん 却々なかなか いや 反撥はんぱつ 取手とりで 口説くど 可愛かわい 各々おのおの いな 否応いやおう 呆気あっけ のろ 味噌みそ とが 啄木たくぼく わめ 執拗しつよう 境内けいだい つぼ ほか 外套がいとう 多淫たいん 太々ふてぶて 太虚たいきょ ごと 妖婦ようふ 婉曲えんきょく 嫉妬しっと 尖端せんたん もっと 尻込しりご くず がけ 左様さよう 市井しせい ねが 幇間ほうかん 廃頽はいたい まわ ドル あて 形骸けいがい 従妹いとこ 復讐ふくしゅう 心掛こころがけ 悲愴ひそう みじ 掃除そうじ 掣肘せいちゅう 接吻せっぷん おい 旦那だんな 朦朧もうろう