屋根裏の散歩者やねうらのさんぽしゃ
多分それは一種の精神病ででもあったのでしょう。郷田三郎は、どんな遊びも、どんな職業も、何をやって見ても、一向この世が面白くないのでした。 学校を出てから——その学校とても一年に何日と勘定の出来る程しか出席しなかったのですが——彼に出来相な職 …
作品に特徴的な語句
ながら でっ さき きわま 喋々べらべら うつ そなわ たら いず 此間このあいだ つらな 清水せいすい とど きっ 一巡ひとまわり 過去すぎさ 衝立つった あるい うれい はず こら 鼾声かんせい 頭髪かみのけ あいだ 肋骨あばら たま かんがえ 目醒めざま うたがい 甲斐がい はなはだ ひとり 片端かたっぱし ため とも もら たのし ゆびさ わざ 惹起ひきおこ あわただ 思止おもいとど のち かた すで 小児しょうに 寝台ベッド おさ 何故なにゆえ 何時なんどき すべ 一通ひととおり 其上そのうえ 仮令たとえ いにしえ めし 破綻はたん みの 葛藤かっとう 荒削あらけず ここ 臀肉でんにく くちびる 胴忘どうわす 背後うしろ 股引ももひき 聴手ききて 聰明そうめい ふけ あだ しか 今迄いままで ののし 綺麗きれい 箪笥たんす はず 笑話わらいばなし 端折はしょ かまど 穿鑿せんさく びん もっ よし 生憎あいにく 生命いのち 仮葬かりそう 仰有おっしゃ 片傍かたわき 伽噺とぎばなし 猿股さるまた