望岳都東京ぼうがくととうきょう
むかし太田道灌が始めて江戸城を築いた時、城上に間燕の室を置て之を静勝軒と名付け、東は江戸湾を望み西は富士秩父の連嶺を軒端に眺めた所から、東を泊船亭と曰い西を含雪斎と曰うたとのことである。静勝軒を題として記述した詩文に、「西嶺当窻雪界天」、又 …
作品に特徴的な語句
温泉ゆせん あい やや おく 御飯おめし だけ 大方おおがた 大沼おおの つい 此頃このころ しゃ 見分みわけ うずく かぎり あざやか 三頭みとう かみ わずか におい および 可成かな おおい ことごと ならび ほと また たしか うたがい けだ おそれ 見覚みおぼえ ばか はるか がん あらわ あく 一向いっこう 一寸ちょっと 三宝さんぽう 三峠みつとうげ うち 中々なかなか これ しま たがい わた また もっ 何時いつ しか わず 儼然げんぜん その 其儘そのまま 其処そこ まる わか 勿怪もっけ なかば 参差しんし また かな かな ただ ただ 四阿あずまや 国師こくし 大洞おおぼら 天子てんし それ 女貌にょほう いず まっと まさ 小沼この なお すくな あが いただき さいわい かす 幽壑ゆうがく 庚申こうしん 度々たびたび 彷徨さまよ 御前ごぜん 御坂みさか あたか 悪沢わるさわ 悶躁もが