とびら
陰気な建物には小さな窓があった。大きな灰色をした怪物に、いくつかの眼があいているようだ。怪物は大分年を取っていた。老耄していた。日が当ると茫漠とした影が平な地面に落ちるけれど曇っているので鼠色の幕を垂れたような空に、濃く浮き出ていた。 室の …
作品に特徴的な語句
よだ ぶく からだ しずか 退しりぞ おく ゆる ひと こら やさ 光線ひかり こご 地面じべた 小刀ナイフ さき たいら 折々おりおり あが ほと ひそ すま とも まなこ 老耄ろうもう 茫然ぼんやり 裸体らたい ひら しか うち たたず いた わず 先刻さっき 内錠うちじょう 冷笑あざわら 各自めいめい 周囲まわり 咽喉のど 嘲笑あざわら ささや 四辺あたり 垢染あかじ ふさ 大儀たいぎ あな へや かが 帽章ぼうしょう 平常ふだん 引懸ひっかか 後方うしろ たちま 怖気おじけ うら もだ うれ 愁然しゅうぜん おのの えぐ こぶし 早晩そうばん 曲折きょくせつ 枕許まくらもと やわら 毅然きぜん 気兼きがね しる 煩悶はんもん 燈火ともしび ただ あと 益々ますます 真紅まっか まぶた いかり 立塞たちふさ たま びん 耳許みみもと 花弁はなびら 茫漠ぼうばく うち 裸姿はだかすがた 見詰みつ かく 貴君あなた にぎ