万の死まんのし
万は正直な、うらおもてのない人間として、村の人々から愛されていました。小学校を終えると、じきに役場へ小使いとしてやとわれました。彼は、母親の手一つで大きくなりましたが、その母も早く死んだので、まったくひとりぽっちとなりました。こんなことが、 …
作品に特徴的な語句
日常にちじょう しょう ぽう うえ 雨気うき 復習ふくしゅう 出入でい ほん ねつ ことわ ゆび 借金しゃっきん なさ れつ どう ほうむ はは 書記しょき あか 燈火あかり にち ほう あたら 物持ものも 理由りゆう 生活せいかつ 悪性あくせい 急激きゅうげき きゅう 看護かんご かれ 給料きゅうりょう 山草やまぐさ 小使こづか わか いえ 葬式そうしき よめ むすめ はな かた そと 地主じぬし あいだ はい ひか さき べつ 三日みっか 霊魂れいこん 今日きょう あたま 顔色かおいろ 事情じじょう 主人しゅじん なか 父親ちちおや 間近まぢか 相手あいて あめ 病気びょうき まち おとこ くも かしら たの めし 一人ひとり 母子おやこ 母親ははおや 気持きも みず 注意ちゅうい なが かぜ