けしの圃けしのはたけ
旅から旅へ渡って歩く、父と子の乞食がありました。父親は黙りがちに先に立って歩きます。後から十になった小太郎はついていきました。 彼らは、いろいろの村を通りました。水車小屋があって、そこに、ギイコトン、ギイコトンといって、米をついているところ …
作品に特徴的な語句
かお うえ ぐら すく ちち れつ がた かぞ わし おだ いそ しゃ なか あゆ ひび おと さき 青葉あおば はい あいだ もん うらな 生活せいかつ ぐち むか 春祭はるまつ さか ごえ けん そと 外側そとがわ おお ほう よる うば あね はな まも いえ かど おぼ こめ ぶくろ きゅう こわ はら のち かれ 見守みまも しず かわ なが うみ なみだ わた 灰色はいいろ あつ とう 父親ちちおや 片方かたほう 物語ものがた ひと おとこ まち 番頭ばんとう つか 病気びょうき 盲目めくら いし 石垣いしがき わたし そら 空想くうそう 空気くうき ふえ こた ほそ 細路ほそみち うつく 野原のはら かね なが みにく