人造人間事件じんぞうにんげんじけん
理学士帆村荘六は、築地の夜を散歩するのがことに好きだった。 その夜も、彼はただ一人で、冷い秋雨にそぼ濡れながら、明石町の河岸から新富町の濠端へ向けてブラブラ歩いていた。暗い雨空を見あげると、天国の塔のように高いサンタマリア病院の白堊ビルがク …
作品に特徴的な語句
さまた こぶし なくな つぶ ぱな つかま まじな はず とら きわ 殿しんが 激浪げきろう 美味おいし 西風せいふう かさな あるじ にわ 台本だいほん うな きれ ゆびさ 水柱すいちゅう 紐線ひもせん うなず おび たず ひま 一瞥いちべつ 丁度ちょうど した 不吉ふきつ 不精ぶしょう うち 亡霊ぼうれい まじ 仕業しわざ うかが 佩剣はいけん かし まま 先登せんとう 凄艶せいえん はこ 到頭とうとう 前戸まえど 剛情ごうじょう 匹敵ひってき いか 口孔こうこう 吐息といき 呆気あっけ 呪文じゅもん 呼鈴よびりん 咄嗟とっさ とな つば すす わめ 墨汁ぼくじゅう ほか たてまつ 奔騰ほんとう 嫌疑けんぎ へや ひそ 市況しきょう 帯広おびひろ 年歯ねんし 彼奴あいつ 彼我ひが 後場ごば 徘徊はいかい かす 怒号どごう 恋慕れんぼ 惨劇さんげき おどろ 慄然りつぜん 所謂いわゆる 手落ておち おさ 折角せっかく こぶし そろ つま