“恋慕”のいろいろな読み方と例文
旧字:戀慕
読み方割合
れんぼ83.3%
こいした8.3%
こひした8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これもばあやのお峰の話なんですがネ。そして彼が博士の家を出るようになった訳は、どうもウララ夫人によこしまな恋慕をしたためだという話です
人造人間事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
宮野邊源次郎と云って旗下の次男だが、其奴が悪人で、萩原新三郎さんを恋慕った娘の親御飯島平左衞門という旗下の奥様で来た女中で
うでいと、くまでに恋慕つたはずにはなかつたのである。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)