“横恋慕”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よこれんぼ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“横恋慕”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その留守るすにまた、或貴族が、彼の(即ち、身分のある男の)妻に横恋慕よこれんぼをした。
日本の女 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
この夜泣きの刀に、あらぬ横恋慕よこれんぼを寄せたのが、名だたる蒐刀家の相馬大膳亮。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)