“今時花恋慕流”の読み方と例文
読み方割合
いまはやりれんぼなが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と大次郎が、小雨を相手に独り言を洩らした時、勘治村道士川と越えてくる甲斐すじの登り口から、りょうりょうと一節の、何の煩悩もないような今時花恋慕流しの唄声が、上がって来た。
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)