“ひじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
46.0%
34.6%
15.6%
秘事1.0%
日出0.6%
0.3%
鄙事0.3%
非時0.3%
干死0.2%
匪事0.2%
日知0.2%
比治0.2%
0.2%
緋地0.2%
肱鉄砲0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山口はをつきながら、甲谷のうろうろしつづける視線の方を自分も追った。外人たちがぼつりぼつりとホールの中へ這入って来た。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
車前草の間を蟻が右往左往しているのが眼の中に閃めきながら身体は右へ左へと転んだ。そのたびに彼はで縁板を弾ねて起上った。
宝永噴火 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
女房がすり寄って、そびえている肩に手をかけると、長十郎は「あ、ああ」と言ってを伸ばして、両眼を開いて、むっくり起きた。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
にいろいろ申上げたいこともありますが、それは一人関係した霊界秘事しますので、しばらくえさせてくことにしましょう。
豊後の日出という所に泊った時に、下関の鉄道管理局長をしていた大道良太氏に電話をかけて、東京の様子をきくと
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
矢の根を深み、傷手よりりごころは
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
かりしときしかりき、ゆえに鄙事に多能なり。(子罕、六)
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
私は上醍醐の山坊で、非時饗応をうけてゐる。
茸の香 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
俊寛 わしは干死にするのだ。わしのいが悪魔の心にかなうために。わしの肉体の力はつきた。わしに残っているのはただ魂魄の力だ。わしのこの力で復讐して見せる。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
(急に自分の地位をはっきりと意識したるごとく)あゝわしはどうして死にきれないのだ。すでに三七日も飲食っているのに! わしは干死にすることもできないのか。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
〻、将門少年の日より、名籍を太政大殿に奉ずる今に十数年、相国摂政の世に、思はざりき、かゝる匪事られんとは。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
玉だすき 畝火の山の 橿原の 日知りの御代ゆ あれましし 神のことごと の木の いやつぎつぎに の下 知ろしめししを そらみつ やまとを
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
若狭関谷川原という所は、比治川の水筋がありながら、ふだんは水がなくして大雨の時にばかり、一ぱいになって渡ることの出来ない困った川でありました。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
ばみたてる橋はしら
日本橋附近 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
背後に立ったのが、朝参婀娜たる美人で、罪もなく莞爾々々しながら、繻子の不断帯の間から、りと懐紙に包んだ紙入を抜いて取り、に拡げて緋地襤褸錦の紙入を開いた中から
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
蝶吉に肱鉄砲を食ッて、鳶頭に懐中の駒下駄を焼かれた上、人のを食おうとする、獅子身中の虫だとあって、内の姉御に御勘気をったのを、平蜘蛛を入れて、以来きっと心得まするで
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
自分では、指も、手首も、未だくっついているように思えたが、激痛に縮み上るような右手へ、左手を当てると、から切り落されてしまっていて、生温かい血が、すぐ指の股から、流れ落ちた。
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)